2015年7月26日の日曜日、世界中の女性たちが100kmの自転車ライドに挑戦。個人または合同で走るグローバルなイベントで、Raphaが運営するルートを含め、至るところで繰り広げられます。2014年には8,000人を超える女性サイクリストが参加、今年はその2倍の参加者数を目標としています。

Pledge to ride the Women’s 100 on July 26th

Thanks

無効なEメールアドレスです

他の人にも知らせる

サイクリングは、天気がいい時にだけジムでのスピニングやワークアウトの代わりにするものではありません。単なるエクササイズとは違う。走ることを愛しているから走るのです。私は成長し、探求し、自分を高めるために努力を続ける。決して孤独ではない。驚きと励みを与えてくれる、強くて美しい女性たちがいる。私たちはサイクリストであり、自らの成すことを愛しています。女であろうと関係ない。バイクの上ではサイクリストであり、それ以外の何者でもありません。Abby Watson

仲間を誘うには

Women’s 100を完走したライダーには、その成果を記念するバッジを進呈します。

#Womens100 をInstagramで見る

ベストセラー

    Raphaのブログから

  1. Against the wind: a daughter teaches her mother to ride

    文章: Sophie Ballo | 日付:

    It’s late October in Texas Hill Country. I’m 20 miles into a 40-mile ride, and already my legs are fatigued. The wind pushes back, but I persist, head down, in the drops, going 13 miles an hour.

    We chose Texas for our first mother and daughter cycling trip because we felt the long distances on offer would keep me interested, while she tackled the shorter options available. The trip’s statistics hadn’t impressed me on paper. But roads aren’t ridden on paper, it turns out.

    投稿の全文を読む »»

  2. プリシラ・カルデロン:本当の勝利

    文章: Matthew Beaudin | 写真: Emily Maye | 日付:

    Priscilla Calderon was recently photographed for the Rapha Women’s range. She works at a bike shop a few shifts a week, and goes to dental hygienist school. She is a Cat. 1 bike racer on the brink, as she’s recently signed on with a small pro team in Los Angeles, California, named La Sweat. She wakes up to ride at 5am or churns the trainer after work, if that’s all time allows.

    投稿の全文を読む »»

  3. Souplesse

    文章: | 日付:

    Souplesse – French for suppleness – has been appropriated into the cycling lexicon to describe the perfect pedal stroke; that fluid cadence we all strive for, but rarely achieve. To pedal avec souplesse is to spin without thrashing, dance without stumbling; it is to look entirely natural on a bicycle.

    投稿の全文を読む »»