Ride Together

17.07.16

世界中の女性ライダーが100kmを走る7月17日の日曜日、あなたも参加してみませんか?企画されたライドに参加するもよし、自分自身でライドを企画するもよし、あるいは一人で走ることを選んだとしても、世界中の女性ライダーが同じ日に走る連帯がここにあります。昨年は世界で8,000人を超える女性ライダーが参加し、今年はより多くの参加を募ります。あなたが世界中のどこにいても大丈夫。下記のボックスに必要事項を記入して、Women's 100にぜひエントリーを。

チャレンジすることを決めたなら、ぜひ次はあなたの近くのグループライドを探してみてください。あるいは、自身でライドを企画することもできます。初めて100kmに挑戦するライダーのために、トレーニングガイドも掲載していますのでご参考に。

パフォーマンスにスタイルを Raphaのウェアキット

Women's 100 Jersey

Women's 100を祝うスペシャルジャージ。デザインと性能をシンプルに両立。

Women's 100 Cap

2016年のWomen's 100コレクションを完成させる軽量キャップ

Women's 100 Socks

ライド時に足を快適に保つ軽量・速乾ソックス

Classic Bib Shorts

あらゆるライドに対応する軽量ビブショーツ。女性のボディラインに合わせたカットと擦れない縫い目でロングライドにも。

From the Rapha Women’s blog

What keeps you riding: Women’s 100

Everyone has to push through the pain – when I sit on the start line of a race and all I can see are faster, younger, more talented riders it’s tough, and that’s when the doubt sets in. But when you realise that everyone is hurting it suddenly gets a bit easier.

Doing things differently – CANYON//SRAM

#Takethelead, CANYON//SRAM’s oft-used hashtag, can mean so many things. It’s easy to imagine it as a race strategy, even a mantra during an extreme effort. But it’s not just about winning, as Tiffany Cromwell explained in the post-race panel at the Rapha Cycle Club New York, it’s about growing women’s cycling by doing things in a fundamentally different way.

‘I had to learn how to ride a bike again’

The CANYON//SRAM rider talks about recovering from last year’s season-ending crash, returning home to race in the Aviva Women’s Tour (15 – 19 June) and why her younger sister Alice has got her looking over her shoulder.

Share your journey

#womens100