ライスケーキレシピ

文章: | 日付:

チームスカイの栄養主任のナイジェル・ミッチェルは、The Little Thingsシリーズの最新回でも取り上げている、とても美味しく、栄養価も高いライスケーキでライダー達の補給サポートを行っています。このライスケーキは、どんなライダー達の食事にプラスするにも素晴らしいもので、今回このプロトンの主食をあなたのオリジナルバージョンで作れる様にご紹介します。

グランツアーでライダー達がどれだけのものを消耗するかを考えてみましょう。絶え間なく必要な集中力、自分とチームの成功を確信する精神力、身体的な全力投球、全3,500km、20ステージがもたらす疲労。これら全てが、このあまりにも有名で過酷な、まるで脱水機の様なレースで選手達にのしかかります。

ライダー達が実際にどれだけのものを消費しているかの詳細は、栄養士に聞いてみましょう。彼らは驚くべき2つの事実を教えてくれます。1)グランツアーでは、ライダーは一日で8,000kcalを消費することがあります。これは、これを読んでいるほとんどの人達が一日で食べる量の約4倍にもなります。2)各ライダーはグランツアーでは一日約10リットル飲みます。10リットルとは、快適なシャワーにほぼ十分な量です。

(ところで、これら全てがグランツアーを終えたライダー達達が、うつろな目をして抜け殻の様に歩きながらが多量の水分を取り続ける理由の一つです。)

EmilyMaye-RaphaSky-9315READY

栄養学は、昔ながらのありふれた伸びたパスタやヌテラから医学会での研究と真剣に考えられた献立へと、ここ数十年でかなりの発展をみました。そして栄養学はライダー達の準備として基本中の基本となりました。適切な栄養なくしては、体が要求に応えられず、トレーニングも無駄になるからです。

ライダーの食事が適切でない場合、レース中に他の要素も上手く機能しなくなります。栄養士とトレーナーは大きく婉曲させた言い方で、ライダーが不必要に苦労したり、落車したり、辛く感じたり、リタイヤしたりすることに、“アンダーパフォーマンス”という言葉を使います。

Nigel-Mitchell-Rapha-Sky-Mallorca-18-1024x1536チームスカイ栄養主任、ナイジェル・ミッチェル

ライスケーキの人気の理由の1つとして、炭水化物の様な主要栄養素と、メタボリズムを維持する為に必要なその他の微量栄養素群の両方を一緒に摂取できるようになっているからです。私達のエッグカレー味のライスケーキは失敗に終わったので、ご注意を。というアドバイスはありますが、自由に材料をアレンジして甘くしたり、しょっぱくしたりできます。ナッツやベリーなどのライスに上手く混ざらない具材は、ベーキングトレーの上にライスを敷き、その上に具材を乗せ、さらに上にライスを乗せて軽く押さえつけ、“ライスケーキサンドウィッチ”にするとしっかりと仕上がります。

こちらが栄養士ナイジェル・ミッチェルによって考案された、チームスカイ用のレシピです。

  • 500gの短米種のお米(アルボリオまたはプディングライス)。洗わずに、ゆっくりと炊きます。
  • 1リットルの水、グラニュー糖大さじ2、小さじ1/4のシナモン、バニラまたはナツメグを香り付けに適量入れて、炊飯器で炊きます。
  • 柔らかくなりすぎない様に、約20分程炊きます。炊飯中はフタを開けないでください。そして5分程蒸らします。
  • ココナッツオイルを大さじ2(ココナッツオイルとは言っても液体ではなく、固形です)と、250gのクリームチーズを入れます。チョコレートフィラデルフィアがチームスカイの好物です。
  • よく混ぜます。
  • ベーキングトレーにクッキングシートを乗せ、シートを折ってライスを四角く包みます。衛生上の理由で、ライスが熱いうちに包むことが大切です。
  • トレーが冷えるまで待ち、その後冷蔵庫で一晩寝かせます。
  • 翌日、四角いライスをエナジーバーサイズに切ります。密閉容器内で3日程持ちます。ライスバーは温めないでください。
EmilyMaye-Rapha-Sky-1482READY
シェアする