Women

  1. Doing things differently – CANYON//SRAM

    Words: | Photography: Andy Bokanev & Dan Chabanov | Date:

    #Takethelead, CANYON//SRAM’s oft-used hashtag, can mean so many things. It’s easy to imagine it as a race strategy, even a mantra during an extreme effort. But it’s not just about winning, as Tiffany Cromwell explained in the post-race panel at the Rapha Cycle Club New York, it’s about growing women’s cycling by doing things in a fundamentally different way.

    Read the entire post »

  2. Rapha Women’s Prestige Merricks

    Words: Cindy-Lee Davies | Photography: Kirsty Baxter | Date:

    Driving down the gravel road to the winery where the Rapha Women’s Prestige Merricks was to begin from, I was reminded of childhood jaunts on dust tracks, and the freedom of the country. It set the tone for what would be a wonderful day’s riding. Those gravel roads were the only type I knew as a child, and we’d be riding several of them on our 121km long adventure.

    Read the entire post »

  3. Glory and glamour

    Words: Harry Dowdney | Photography: Emily Maye & Harry Dowdney | Date:

    The liberty of looking good, with Tiffany Cromwell In a little café in Ghent, Tiffany Cromwell is discussing looking good on two wheels. Not just one of the best female…

    Read the entire post »

  4. Women’s 100: トレーニングのアドバイス

    Words: Julie Krasniak | Photography: Emily Maye & Jeremy Dunn | Date:

    フランスのメス市出身のジュリー・クラスニアク(写真下)は12歳で自転車に乗り始め、14歳になるころにはMTBレースに出場していました。曽祖父、祖父、父、兄、ジュリーという自転車一族のクラスニアクファミリーは、レースで一家あわせて1,000勝以上を獲得。現役選手を退いたジュリーは現在でも、米国オレゴン州ポートランドに在住しライドを楽しんでいます。2013年に収録されたWomen’s 100のためのジュリーからのアドバイスをここに再び掲載します。 私の知る限りでいえば、100kmを超えるようなレースで走るということは、アマチュアであれベテランであれ、サイクリストにとって最も厳しいチャレンジの1つだったと思います。3時間余りもノンストップで走るために、なにより求められるのは準備です。 Women’s 100トップページへ » 「出発の前には十分な食事を」 今回のチャレンジのために「TO DOリスト」を作るとしたら、その筆頭にくるのはやはり栄養です。レース前夜の食事は勝負の命運を左右します。おいしい1皿のパスタ、キノア(雑穀)、米、ブルグア麦、レンズ豆。レースの数日前からアルコールや脂肪を多く含むものを避け、当日に肝臓をベストの調子にしておくことも大切です。これには少しの我慢が必要ですが、それだけの価値があるはず。それからレース本番のために固形食を少し携行することも。スポーツ栄養食品メーカー各社がさまざまな製品を販売していますが、ドライマンゴーやドライパパイヤ、アーモンドのようなナッツ類など昔からある食べ物もそれなりの価値があります。これらはヘルシーで化学添加物も含まれていません。フルーツバーやアーモンドバーはサドルにまたがった状態でも食べられるので補給食にぴったりです。ちなみに私は、クロワッサンをポケットに押し込んだサイクリストとして知られてもいるんです! 「走り始めたらすぐに水分補給を」 身体から汗として発散される大量の水分の補給も必要です。お勧めはマルトデキストリンなどの低グルコースのエネルギーパウダーを使って、長時間の走行に適した飲料を用意すること。補給食やドリンクは走り始めた直後、まだ数kmしか走っていないときから摂取しましょう。これは選手がプロになって最初に習うことです。飲みたいと思う前に飲むこと。喉の渇きを実感したときでは、実はもう遅いのです。ラストの15kmを切り、身体と頭が冴えを取り戻そうと何かを求めているのなら、コーラもいいでしょう。しばしば威力を発揮してくれます。 「機材・装備の確認を」 ロングライドに出たときに、チェーンオイルの不足やタイヤの摩耗で自転車がきちんと走らないとしたら、最悪の話です。適切なタイミングで自転車をくまなくチェックすることは必要不可欠。自転車のライドにはその種のトラブルはいつでも起こり得ますが、そんなトラブルは、家や目的地から50km以上も離れているときに起こることが圧倒的に多いのです。そうならないように、早いうちから近所の自転車ショップに予約を入れて、十分なチェックを頼んでおきましょう。 万全を期すならエッセンシャルキット一式の用意も。最低1本のインナーチューブ、ポンプ、CO2カートリッジ(環境には優しくないけれど効率的)、マルチツール。そして使い方を知っているならクイックリンクの付いたポケットチェーン。これは荷物にもならずとても重宝します。 「装備を整える」 ライドをリラックスした楽しいものにするには、どんなことを予期しておくべきかを知っていることが肝心。それは必ずしも簡単なことではありません。100kmのライドを計画しているなら、アドバイスはシンプル。前もって距離を少しずつ伸ばしていくこと。お尻と背中のためです。不思議なことに、ロングライドでいちばん辛いのは、手がこすれる痛みでしょう。とても不快です。サイクリングでは、装備がしっかりしているかどうかが鍵を握ります。 技術面では、100kmのライドにチャレンジするなら、まず60-70kmのライドを3、4回こなしておくことです。 「しっかりした装備を」 どんなサイクリストにとっても基本でありマストなのが、それなりのお金をかけて、しっかりしたサイクルショーツと良質のグローブを用意することです。そして出走の前には、外に出て気温を確かめること。たとえその日の天気予報をすでに見ていたとしてもです。湿度が分かるだけでなく、気温が上がりそうかどうかを確かめるにはこの方法が一番。また、3時間を超えるライドには、チューブ型のネックウォーマー、小ぶりの帽子、シューカバー、袖なしのベストか防水ベストといったサイクリング用アクセサリが基本になります。これらは小さく折りたたんで、ジャージのポケットにしまっておくこともできます。厚着は無駄。とはいえ、にわか雨の後や坂を下った後の気温の低下に悩まされるほどの薄着は危険です。 「ルートを把握しておく」 レース中にエネルギー配分をしたいと思うのなら、ルートを十分知ることが大きな力になります。もっともハードなのは上り坂区間。水分や食料の補給が難しくなるでしょう。ルートの把握が力を発揮するのは、まさにこのような局面です。下り坂やフラットな区間があるとわかっていれば、そこで食事や補給ができます。また、100kmの耐久ルートでは、エネルギーの効果的な配分方法を理解する必要があります。エネルギーを危険なレベルにまで落としてはいけません。たとえば40kmのライドで最初の上りから過度に力を入れてしまうと、たとえ5、 6分であっても身体はギブアップします。それ以上耐えられる作りにはなっていません。何があっても、自分の限界の範囲内で走るということを学ぶ必要があります。そのためにもっとも安全確実な方法は、ルートを箇条書きのメモにして、ハンドルバーに貼り付けておくことです。こうしておけば、あとは普通のスピードメーターでも進み具合をチェックできるでしょう。 「グループで走る」 グループで走ることができれば、100kmに初めて照準を合わせるときに大きな力になります。同じくらいのレベルのサイクリストを選んで走ることができればベストです。グループの他のメンバーとの間で極力効率的にホイールの接触を回避し、交代でペースメイクを務め、力の入れ過ぎを避けます。80kmを過ぎてもまだ快調なら、いよいよエネルギーの残りを使ってスパートをかけます。 「計画を立てる」 誰のトレーニングにも計画は必要です。下に示すのは一例ですが、数ヶ月の範囲で小刻みな計画を立てるのが効果的な方法です。ただし自分自身と自分の生活にあった柔軟なものにすることをお忘れなく。平日に仕事があるなら土曜日は軽めに、そして日曜日にはよりハードにしましょう。天気がよくないときには完走する必要はありません。天気に応じた対応をしましょう。日曜日の天気がよくないとき、あるいは土曜日が晴れているときには、切り替えて土曜日に少し長めに走ります。1回走れなかったからといって、それはそれで構いません。気にしないで。調子のよくないときには走らず、疲れているときには距離を短くします。 この計画は1週間に3時間から5時間の走行ですが、4月に始めて7月17日までには1,500kmを走る計算になります。 4月 16: 20km…

    Read the entire post »

  5. The Flanders forecast

    Words: Ronny Lauke | Photography: Harry Dowdney & Christian Kaufmann | Date:

    The view from within a bike race is a privileged position; one that us fans rarely get to enjoy. Whether having ridden them, or from behind the wheel of the team car, the Team Sky and CANYON//SRAM directeur sportifs have an unrivalled understanding of what the biggest races are really like.

    Read the entire post »

  6. Ger Tierney

    Words: | Date:

    Rapha Survey visits photographic director at GQ Magazine, Ger Tierney at her home in Finsbury Park, in North London, to find out about her life, and how she chased her dream to work in the fashion industry.

    Read the entire post »

  7. The Colour of the Classics

    Words: Harry Dowdney | Photography: Harry Dowdney | Date:

    On the startline with a self-assured Australian, a spontaneous Italian, a whip-smart American, a charming Belarussian and two kind Germans – just a few of the inspiring CANYON//SRAM Racing team members.

    Read the entire post »

  8. Surveying the scene

    Words: Matthew Beaudin | Photography: Emily Maye | Date:

    Team CANYON//SRAM Racing’s Tiffany Cromwell and Alexis Ryan lean their bikes against the alabaster walls and make their way through the entry hall of the Sant Salvador monastery. It’s the off-season but the two cyclists are in good company — old woolen world championship jerseys hang on the wall.

    Read the entire post »

  9. Anything but lonely: Tiffany Cromwell at the Road Nats

    Words: Jessi Braverman | Photography: Kirsty Baxter | Date:

    “C’mon, Tiff,” says Beth Duryea. “You can do this. Podium. Podium. Podium.” Those final three words came out in a steady staccato rhythm. The CANYON//SRAM co-owner and marketing manager Duryea was working as sport director at the Australian National Road Championships. Driving the car behind her team’s only Australian, Tiffany Cromwell, the versatile Duryea provided encouragement and instruction. With four kilometres left in the individual time trial, Cromwell was within reach of a spot on the podium. Having scored a seat in the CANYON//SRAM car to follow Cromwell’s effort, I was wedged in the back next to the team’s mechanic, tools and extra wheels and enjoyed prime position watching her navigate up and down the undulating 29.3km course.

    Read the entire post »

  10. New Beginnings

    Words: | Date:

    Now, more than any other time on the road calendar, there is that thing riders and staff will soon crave. There is time. There is a newness to the forthcoming season. There is also that indefinable element that carries teams through the thick winter miles of training, sponsorship strategy, scheduling… There is potential.

    Read the entire post »

  11. The full spectrum

    Words: Kim Cross | Photography: Wes Frazer | Date:

    Winter riding is one of the secret pleasures of the South. Summer’s landscape hides behind curtains of green. The barren season reveals the landscape’s undulations, the beauty of stark branches against alabaster sky. The world is painted in a hundred shades of brown, textured and lovely in a way that’s hard to appreciate behind a windshield.

    Read the entire post »

  12. Super Jacobs

    Words: Lisa Jacobs | Photography: Andy Bokanev | Date:

    The light of the afternoon has gone and the temperature is dropping closer to zero in Nobeyama, a beautiful mountain district two hours by train from Tokyo. With legs echoing the effort of the day’s racing I walk up the gravel drive and knock on a dark window. Nothing. I must have the wrong house. I see the shadow of a small figure inside and knock again. Of course, here in the mountains the windows are thick to keep in the warmth. Too thick for my timid Australian knocking.

    Read the entire post »

  13. Wild and weathered in Waikato

    Words: Emma Bryant | Photography: Amy Taylor | Date:

    Sunshine on skin. It’s an unfamiliar feeling for us Kiwis at the moment after months of being covered by layer upon layer, wrapped and protected against biting winds, ice, rain and whatever else the winter could throw at us.

    Read the entire post »

  14. Fast, strong, capable

    Words: Kelton Wright | Photography: Laura Austin | Date:

    I ride alone more than not. I like the empty space on the road, in the silence, in my head. I like to suffer without encouragement and without judgment. But…

    Read the entire post »

  15. Cycling in the City

    Words: Molly Ritterbeck | Photography: Molly Ritterbeck | Date:

    It’s hard to argue with the belief that cycling is one of the best ways to get around a big city. In recent years, bike commuting has spiked 62 percent in the US, and a whopping 105 percent in the largest cities, according to the nonprofit organization The League of American Bicyclists.

    But sometimes, commuting by bike isn’t as easy as, well, riding a bike – so we’ve tapped the collective knowledge of a crew of commuters from big cities near and far, asking for their top tips and lessons learned. Hopefully this short guide will help make your two-wheeled commute safe, stylish, and most of all, fun.

    Read the entire post »