Products

  1. How the race was worn: Wout wins a Monument

    文: Rapha | 写真: Graham Watson | Date:

    The weather forecast for Sunday’s Liège-Bastogne-Liège spelled snow storms and sunny patches in equal measure so Wout Poels knew he would need his versatile Rapha Shadow kit to race in. The 28-year-old climber had left it at his house back in Holland, however, so after La Flèche Wallonne he made a detour on his way to Liège.

    Read the entire post »

  2. Behind OPEN’s New U.P. Bike

    文: | 写真: George Marshall | Date:

    The ethos behind the OPEN brand is simple: to make better bikes. Growing tired with the approach of the big brands they had spent their careers working for, Andy Kessler and Gerard Vroomen, OPEN’s founders, decided to create something much smaller, with goals rooted in performance rather than profit. They also wouldn’t advertise, and would only sell their bikes through a select group of partners.

    Read the entire post »

  3. Brevet Insulated Gilet: made to pack light and travel far

    文: George Tyson | 写真: Ben Ingham & Wig Worland | Date:

    When developing the new Brevet range, Rapha designers searched for a fabric to use in an insulated gilet that delivered warmth without weight, and could be packed down to a small, stowable size. Traditionally, insulating layers and outdoor jackets are made using down feathers. Despite providing unparalleled warmth, down is a loose material that requires pockets to hold the feathers in place, and heavy, treated fabrics to keep them secure. It also becomes incredibly heavy when wet – not ideal if you’re facing changeable weather or producing a lot of sweat.

    Read the entire post »

  4. The Making of a Classic

    文: Joe Hall | Date:

    Launched in 2004, the Classic Jersey was the first ever Rapha jersey. Originally called the Sportwool™ Jersey, it was like nothing else at the time. All black with a white stripe on the arm and cut from a strange light-wool fabric, its minimalism concealed a beautifully functional garment. One reporter declared it the ‘best bike jersey the world has ever seen.’ To mark the launch of the brand new Classic Jersey II, we spoke to founder and CEO of Rapha, Simon Mottram, to find out about the origins of the design.

    Read the entire post »

  5. Behind the design: CANYON//SRAM

    文: | Date:

    Since its grand reveal in December 2015, Rapha’s design for the CANYON//SRAM women’s team has received widespread acclaim. A multi-coloured livery intended to get the team noticed at the front of the UCI Women’s WorldTour races, elite riders such as German time trial star Lisa Brennauer and former Italian national road champion Elena Cecchini are about to debut it as a team at the Ladies Tour of Qatar next week.

    Read the entire post »

  6. Sixteen For 2016

    文: Simon Mottram | Date:

    It’s time once more where, as road riders, we prepare for the approaching season and set goals for the New Year. My goal in 2016 is 50 momentous rides, to celebrate my 50th year. Here at Rapha I encourage all employees to set riding targets, to have one or more things in the crosshairs to help better their riding and racing. Every New Year I also like to look ahead to what Rapha as a company has in its sights; the products we will launch, the events we will host and the places we will travel to. Back in 2008 it was easier, I thought, to compile such a list. I supposed this year it would be much tougher, but it wasn’t. We have some amazing things in store for 2016, from new Cycle Clubs to watching the Tour on Mt. Ventoux. Everyone is, of course, invited to join the ride. From all of us at Rapha, happy New Year and strong riding in 2016.

    Read the entire post »

  7. Rapha + Liberty: The Fine Print

    文: | Date:

    In 1875, after working with women’s fashion specialist Farmer & Rogers for ten years, Arthur Liberty decided to launch his own shop selling ornaments, fabric and objects d’art from Japan and the East. Occupying a small portion of 218a Regent Street, his company quickly gained a reputation for providing the finest examples of items from the Japonism movement, and many other popular styles at the time.

    Read the entire post »

  8. エクセレンスを仕立てて:サー・ブラッドリー・ウィギンズのアワーレコードジャージ

    文: | Date:

    注意深いプランニングを重ね、細心の準備と当日の動きについてプレッシャーが募った週。 サー・ブラッドリー・ウィギンズのアワーレコード挑戦にかかる痛みとまではおそらくいかないにせよ、彼がフィニッシュ後すぐに着ることになっていたビスポークのRaphaの記念ジャージは、あらゆる要素がからみあって完成をみた労作です。8名からなるチームはこのジャージの制作に200時間以上を費やしましたが、その中にはヴェロドロームの内側でUCIアワーレコードを示す黄金の番号を手で縫い付けた、あの熱狂の最後の数分間も含まれます。 サー・ブラッドが自身の衣服選びに払う細部へのこだわりに刺激され、Raphaは記録を更新した日を留める真に特別な一着をもって彼を讃えることを決意。彼がウイニングランで着た黒のロングスリーブジャージは、高品質な日本の絹から作られ、WIGGINSのターゲットマークと袖に虹のストライプをあしらいました。もちろん、彼のタイムトライアルの世界チャンピオンタイトルに対しての意匠です。袖にはオートクチュールの質感漂わす隠しジッパーを備え、胸部にあるのはウィギンズの記録を正確に示す最重要な数字。54.526km。 自社内でのプロデュースにあたり、Raphaはデザインチームとプロダクトデヴェロッパーの才能溢れるメンバーを招集し、外部のエキスパートの助言を参照しながらこのワンオフのビスポークな一着に取りかかりました。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションのスポーツウェアファッションのディレクター、クロディヌ・ルソーによって作られたジャージのパターンは、次いで英王室御用達の刺しゅうのスペシャリスト「ハンド&ロック」へ送られ、金のRaphaとウィギンズ、スカイのロゴがチェーンスティッチングで縫い付けられてRaphaへと返送されたのでした。 一度素材が揃ったら、Raphaのお針子シャロン・ストークスとカーラ・リースがウィギンズの身体に合わせて仕立てます。これで欠けているものは、胸の番号だけになりました。日曜の夜、リーバレーパークのヴェロドロームのトラック中央で、Raphaの製品開発部門マネージャーのジェニファー・チョイはファッション産業では知られた存在であるシャロンの助けを借り、ウィギンズが走った正確な距離の確定後に番号をジャージに縫い付けました。それはできるだけ早く完了されるべき、注意力と正確さを必要とする仕事でしたが、想像できる限り最も気の散る状況下で、シャロンは自身の「タイムトライアル」(ただし縫い物の)を完遂したのでした。 「準備には細心の注意を払わなければならず、すべてが正しく進むことに確信がもてるようセットアップしていきました。かかるプレッシャーはなかなかハードだったわね」とジェニファー。「ヴェロドロームの中央にテーブルをセットして、その上にはジャージが広げてあって、金色の番号と10本の裁縫針と黒い縫い糸がすべていつでもOKな状態にあったの。あの1時間が始まると私たち2人はすごくナーバスになって、手の平には汗がにじんでいたわ。これから縫い物をするのに!残すところ数分になって、新しく記録が樹立されようとしていることを悟ったので、まずは最初の番号、5を接着してから縫い始めたの。数字がきれいに並ぶように事前に赤い糸で番号がどの位置に縫われるべきかをマークしておいた。大きい番号のそれぞれをシャロンが縫うには1分18秒かかって、まだ1分を残していながらも私たちはスクリーンに映し出されている予想タイムから4を縫い始めたの。54kmの4。神様、ありがとう。彼がスピードアップもダウンもしなくて」 新記録樹立を祝う、6000もの熱狂した観衆が織りなす喧噪や作業に追われるUCIのスタッフ、そして結果発表を急がせるスカイのスタッフたちの間で、ジェニファーとシャロンは手作業に集中していました。ジェニファーはこう語ります。「私たちは完全な集中のゾーンに入っていたわ。後でシャロンは、自分が作業スタジオの中にいたみたいだったって言ってた。ただ私と彼女だけがいて、静寂の中で縫っていたの。縫い終えてジャージを持っていって、私たちはすぐに衝撃を受けたの。そのたった数分後、ウィギンズがこのジャージと番号を着ているのを目にしたの。54.526、私には何も意味しない数字の連なりだけど、わかったの。彼が今まさに成し遂げたということを、記録を打ち破ったのだということを」 ウィギンズの新記録を祝うCelebratory T-Shirt »

    Read the entire post »

  9. Escaping The City

    文: Grace Holdsworth | Date:

    Living in the city makes finding the time to ride much harder and all the more valuable. Here’s how to become adept at fitting in quick escapes from city life,…

    Read the entire post »

  10. Rapha Jacket Guide

    文: | Date:

    「喉元過ぎれば熱さを忘れる、という言葉があるだろう。それは幸いなことだ。あの苦しさを思い出したくはない。けれども、恋しく思うのはあの天候だ……真っ白な雪道に鼻先から汗が滴り落ち、冷たい雪が露出した肌の上に降り溶けてゆく。極寒の天候だったが、僕の身体は炎に包まれているように熱を放出していた。まるでヒーター全開でオープントップカーを運転しているみたいだった。僕のありのままの姿だった。挑戦者としての。 – リゴ・ジマーマン(Rigo Zimmerman)のThe Weatherより 真冬の山岳コースの下り坂でも、土砂降りの都会の道路でも、Raphaのアウターウェアは、さまざまなコンディションでライダーをサポートします。身体をカバーしたり、ポケットやバッグに収納力のある適切なアウターウェアを選ぶ際には、ちょっとしたアドバイスが必要になるかもしれません。アウターウェアにはSoftshellやHardshellがあるのをご存知ですか? Transfer GiletとHi-Vis Giletの違いは? Raphaのガイドをご参考ください。 Hardshell Jacket Hardshell Jacket 製品説明: Gore-Tex素材への回答として、Raphaが独自にカッティングした全天候型アウターウェア。 コンディション: どんなに厳しいコンディションになっても、雨、風、寒さをものともしない、優れた防水・防風・保温機能を発揮します。 ライダー: こんなに寒いのは天候が悪いのか、それともウェアが悪いのかがわかるロードライダー。 コーディネート: Thermal Bib ShortsまたはWinter Tights/ Winter Base LayerまたはLong Sleeve Jersey…

    Read the entire post »