Author Archive for David Evans

  1. Vive le Tour

    Words: | Photography: Emily Maye | Interview: David Evans | Date:

    Emily Maye’s latest exhibition, Vive le Tour, opens at the Rapha Cycle Club New York on 7th July. Before the photos go on display, and the opening-night wine is uncorked, we took some time to chat with Emily about the inspiration behind the show.

    Read the entire post »

  2. Viva CrossVegas

    Words: | Photography: Kevin Scott Batchelor | Date:

    The great Las Vegas sporting tradition is of prize fighting. Boxing occupies exalted position in the lore of Vegas, and the faces of fighters stare down from billboards like malevolent…

    Read the entire post »

  3. How Cross Got Cool

    Words: | Photography: Andy Bokanev | Date:

    There’s a mild absurdity to cyclocross that would seemingly stop it from ever being considered ‘cool.’ It lacks the grandiose scale and grand vistas of road racing, replacing them with…

    Read the entire post »

  4. Monumental finishes: Milan–Sanremo

    Words: | Date:

    To launch our Monumental Competition, we take a look back at some classic Milan–Sanremo finishes. You can enter the competition to win Rapha prizes and a signed Sir Bradley Wiggins World Champion Wool Jersey here »

    For a so-called sprinters’ classic, Milan – Sanremo’s finishes are a spectacle of tension and turbulence, not just repeat screenings of a cycling stampede. Granted, the races first five or so hours rarely deserve rapt attention, but once the race reaches the Mediterranean and turns west, it becomes fraught, tactical, and volatile.

    Read the entire post »

  5. ウィギンズの世界チャンピオン・ウール

    Words: | Photography: George Marshall | Date:

    For Bradley Wiggins’ last-ever Paris-Nice, Rapha have designed an official Team Sky, custom-made warm up kit. Inspired by the peloton style the 1960s and ’70s, and decorated with the world championship stripes that he won last season, it will have a more classic look and feel than the more ordinary team tracksuits, but still using merino wool and race-cut tailoring.

    Read the entire post »

  6. スタナードのダブル・スタンダード

    Words: | Date:

    Standing in the middle of a media scrum after Saturday’s Omloop Het Nieuwsblad, a noticeably aggrieved Patrick Lefevere, manager of Etixx-Quick Step, complained that the day’s winner, Ian Stannard (Sky), had sat in the race’s “box seat” for over 30km – the implication being that Stannard only enjoyed the show, and hadn’t played a starring role. Lefevere’s lament doesn’t do justice to the Essex boy’s shrewd racing and raw power – nor does it acknowledge that even if Stannard had the box seat, it was Lefevere’s riders who booked his tickets, showed him to that seat, and all but paid his bar tab, too.

    Read the entire post »

  7. Rapha Condor JLT、めざましき最終年

    Words: | Date:

    9年の時を経て、Rapha Condor JLTはそのジャージを纏う、最後のレースを走りました。監督のジョン・ヘレティーは、ロードでもトラックでもナショナルチャンピオンの称号を獲得し、UKでのレースを支配し、海外でも目覚ましい成功を上げるに至ったチームを作り上げ、何人もの若いレーサー達がこれらの結果をステップにより大きなチームへと羽ばたいて行きました。シーズンの終わりも近づき、Raphaがチームの共同オーナー並びにスポンサーを降りる時が迫った今、チームとその目標の総決算となったこのシーズンの3つの場面を振り返ります。 また、あと僅かですが、特別限定版のRapha Condor JLTジャージとTシャツが販売中です。過去9年間チームの成功に携わったライダー達、スポンサー、スタッフを祝した特注のグラフィックデザインと刺繍が施された特別な一着。 コレクションを見る » 4月、Le Tour du Loir et Cher E Provost 名前からして難しいTour du Loir et Cher E Provostはヨーロッパツアーの一つで、元プロが言う様に、誰も聞いたことがない程に過酷なレースの一つです。レースは風と少数の選手によって分断され、洗練さとはかけ離れた、レース戦略が役立たないほどのものです。しかもほとんどテレビ中継もないので、このもの凄いヨーロッパのレースは全くと言っていい程知られていません。もしステージを見るチャンスがあるなら、スタートラインで、次は自分が大物になることを証明しようと息巻いているか細くて若い新人プロ達と、まだ十分勝負に食い込んでいけると思っている戦歴豊富なベテランレーサー達がお互いに肩を張り合って立っているのを見るでしょう。 グラハム・ブリッグスは獰猛さと精巧な知恵の両方を発揮してイギリス人として初めて勝利を収めました。ブリッグスは全6ステージあるうちの第3ステージの早い段階でアタックをかけ、逃げ切りを果たしてステージを飾り総合首位に躍り出ました。ブリッグスとチームは百戦錬磨のフランスとオランダのチームによるアタックの応酬を交わし、チャンピオンジャージをその週の最後まで守り抜いたのです。 5月、ツール・ド・コリアとツアー・オブ・ジャパン Rapha Condor JLTは、その一目で分かるウェアと非の打ち所のないスタイルで、しばしばメン・イン・ブラックと呼ばれることがあります。このニックネームはティーンエイジから抜けきらない若い選手の何人かを鼓舞させるものです。 トム・サウザムと一緒に日本と韓国にレースに行った、20歳のトム・モーゼスとヒュー・カーシー、少し年上で23歳のリチャード・ハンドリーを含むチームの殆どはこの範疇に入ります。若さを見せ、そして家から数千キロも離れているにも関わらず、Rapha Condor…

    Read the entire post »

  8. Comfortably Numb – Lindsay Knight on winter riding

    Words: Lindsay Knight | Date:

    ‘Winter riding’ can mean a great many things depending on your locale and your level of stubbornness. For those in pleasant, sunny environments, I’ve recently discovered that riders consider wind jackets to be cold weather apparel… and yes, I’m calling you out on that Ms. Kelton Wright. For those of us that live in far less welcoming climates, the months between November and March (and sometimes April…or even May) mean one of two things: a mind-numbing number of hours on a trainer, or a physically numbing number of hours on the road.

    Read the entire post »

  9. 「パワー」が、そこに

    Words: | Photography: Andy Bokanev | Date:

    「J POW」の愛称で知られるジェレミー・パワーズは、アメリカのシクロクロス界で数々の勝利を収めています。アメリカ、ニューイングランド地方の出身で、少年のような顔立ちながら頑強な体格をもつ31歳。シケインをバニーホップで越えるアグレッシブなライディングスタイルで有名な彼は、シクロクロス全米チャンピオンに君臨しています。 今シーズン、彼にとって初となるヨーロッパレースのフル参戦を果たします。 ロードレースシーズンのすべてを休戦し、自身のトレーニングテクニックを変更、レーススケジュールも改めました。そのような決断には、米国国内での実績を、シクロクロス発祥の地であるフィールドに移すという望みがあるからです。Raphaチームのライダーとして4シーズン目を迎えようとしているパワーズが、ベルギーのマッドレースに参戦する数か月間の挑戦について語ります。 レースとは別に、J.A.M. Fundというチームをご自身で設立しましたが、それはどのような経緯でスタートしたのですか? ‘JAM’は、ジェレミー(Jeremy)、アレック(Alec [Donahue])、ムクンダ(Mukunda [Feldman])の頭文字から名付けました。彼らは僕のプロジェクトのパートナーで、親友でもあります。 初めてノーサンプトンに引越したときから、彼らには世話になっています。料理を教えてくれたりね。 年齢を重ねて、いい時間を過ごせるようになってくるにつれ、いかにリラックスして楽しんだり、物事をクールにこなしたりすることができるだろうかと自問するようになってきたのです。 それで、仲間と新しいチームを設立しました。 シクロクロスのコミュニティからはたくさんサポートを受けてきたので、その恩返しをしたいと思って。 これから成功を目指そうというときには、小さな苦労がたくさんある。ニーウォーマーやビブショーツを持っていなかったり、自転車のフレームさえないときもある。だから、地方のライダーたちのためにそういったことを変えようと思い、始めました。 チームを‘Fund’(基金)と呼んでいるのは、僕たちは当初金欠で、財団として運営するための十分な資金もなかったからです。 現在運営しているNPOとしても、当時は登録できなかったんです。 僕たちのチームには企業スポンサーはついていないけれど、業界のいくつかのブランドやノーサンプトン・サイクリング・クラブと提携しています。 車で1〜2時間以内の近郊に住むライダーに資金を提供していますが、その中から数人がプロに転向しています。 世界的にやっていくのは無理だから、自分たちができることからやっているのです。 英国のシクロクロス界では若手ライダーが数年間活躍した後、引退するという傾向がありますが、 これはやはり、シクロクロスはロードレースとは異なり、サポートが得られなかったり認知度が低いためであると思いますか? アメリカでも同じ状況です。ライダーは本当に速く燃え尽きてしまいます。 ある程度の楽しさを感じられなかったら、続けていく理由はないでしょう。 そういったレーサーが燃え尽きるとき、彼らはあまりにも早く楽しむことを止めてしまうのだと思います。 プロであることについて、若いライダーにはどう教えたらよいのか? 僕がJ.A.M.のライダーたちに自分の知識すべてを伝えたとしても、彼らにとっては依然としてとても難しいのだと思います。 この場所でライドしている、これを食べている、これが僕のコーチだ、なんて彼らに伝えたところで、何の役にも立たないでしょう。 そういったことを構築していくには何年もかかる。だから、僕たちはそれが実現できるような環境を整えようと試みているのです。 昨年は初のナショナルチャンピオンになり、1つの大きな節目でしたね。 昨シーズンの調子はどうでしたか?…

    Read the entire post »

  10. シアター・オブ・クロス – コクサイデ

    Words: | Photography: Ben Ingham | Date:

    コクサイデのシクロクロスコースの北側、国道N396の反対側には、鉄条網に囲まれた兵舎がある。道路からは、隊員たちの住む低い屋根の寄宿舎と、その横に本部ビル、トタンのマンサード屋根のジム、設備の整った将校向けの家などが整然と並ぶのが見える。まだ暑さの残る夏の終わり、フェンスから見えるものはといえば寄宿舎のドアを出て静かに本部ビルへと向かう隊員たちの姿だけ。他に動きは何もない。 この兵舎の前の芝生には、廃機となったホーカーハンターF4ジェット戦闘機が草原に向かうようにコンクリートの台座に飾られ、またマンガのような赤い鼻先を持ち、機体には「最後の1機」「バイバイ」の文字が描かれた、18メートルの機体を持つシコルスキーHSS-1シーバット・ヘリコプターが鎮座し、兵舎と併せて、シクロクロスのファンにとっての目印となっている。その戦闘機とヘリコプターも近くで見てみるとペンキが剥げ落ち、その無惨な姿からはかつての勢いは失われ、どこかコミカルな風情すら漂う。だが、シクロクロスコースの砂山のてっぺんから眺めると、その本来の目的が伝わってくる。まるで自分に向かってくるような迫力があるのだ。レースに集中していたり、観衆の混乱に注意をそらされていなければ、選手はこうした風景を見ることができる。 このビッグレースのある日は道路は完全に封鎖されるため、ファンは近くの町に車をとめ、コーヒーやビールを一杯やった後、N396沿いを歩いて会場に向かうことになるのだが、この戦闘機が目印となって、皆がここを左に曲がって砂山に向かい、後はまっすぐに進むことができる。レース開催中、コクサイデへと向かう道には伝統的なシクロクロスレースのシンボルとも言える、ビールとフライドポテトの販売車、防水加工が施された覆いの下で商品を売る屋台、鮮やかな色に包まれたスマートなチームバス、人気の選手の写真を貼った5メートルほどの巨大なキャンバスなどが列をなす。中でも特に興味を引くのが、道具や装備をいっぱいに積み込んだ新人選手や過去のスター選手たちのセダンタイプの車の群れ。選手たちの友人や親戚が忙しい中時間を作り、退屈そうに運転手を務めている。 レースのない日、一年のほとんどは、混雑はさほどでないとしても、これほどの賑わいは見られない。コクサイデの町の中心部は、騒然と立ち並ぶ住居の中に埋もれて、はっきりと識別することはできない。中央広場もなく、デ・パンネへと向かう道と、近くのビーチ、コクサイデ・バートへと向かう道との小さな交差点があるくらいだ。他には、薄栗色の外壁に包まれた目立たないカフェが1、2軒、最近建てられたばかりの警察署とその向かいにはドライブスルーのビール店(共に大きな建物)、小間物店、スポーツバーなどが立ち並ぶ。このバーのウインドウには、1996年と2012年にコクサイデで開催された世界選手権の色褪せたポスターが飾られている。 駅の前には、パトロールの出発前かあるいは終えたばかりの警官が、煙草を吸ったり、略帽の形を直したりしている。商売する気がないのか、カフェは一日のうちわずかな時間しか営業していない。カフェが閉まっている場合は、警官にどこでコーヒーが飲めるか聞いてみるといいだろう。警官は拳銃に手を伸ばしながら、逮捕されたら牢屋でコーヒーが飲めるよ、などと冗談を言いながら、3キロ先のカフェを教えてくれるだろう。3キロ先とは、海岸沿いに進んだところにある隣町、デ・パンネのことだ。平日の午前9時30分に、コーヒーが飲める店がどこにもないという状況は、警官にとっては少しも驚きではないらしい。 これがコクサイデの町を最も顕著に表す特徴とも言える。ただし1年のうちに1度、ある週末だけは、ファン、選手、メディアでごった返すシクロクロス界の中心地となる。冬の日曜、日没前にレースは終了し、酔っぱらった何千ものファンが家路へと向かう。そしてすべてが終わる。日が暮れて2、3時間後にはなんの変哲もない、眠たげなデ・パンネの郊外の町へと逆戻りする。 北海に面したコクサイデは、ヨーロッパ大陸というよりは、スカンジナビア半島の一部のように感じるが、実のところ、欧州議会はここから僅か南東に130キロしか離れていない。しかし、EU機関の拠点であるベルギーが、近年国内問題として、常に不和や対立を抱えているというのは、ヨーロッパにおける最大の皮肉と言えるだろう。 ベルギーの政治的統一性、というよりむしろその欠如は、シクロクロスチームの構成にも表れている。最近ホーヘルハイデで行われた世界選手権に参加したベルギーチームは、9人の男子と2人の女子で構成されていたが、この中にブリュッセルやワロン地方出身の者は1人もいない。コクサイデで前回世界選手権が開催された前年およびその前の年のケンタッキーでの大会に出場したときも、フランドル地方出身の選手たちで占められていた。フランドル地方とワロン地方との間にある大きな隔離は、フランドルのメディアでは半分冗談交じりに「Le Divorce(離婚)」と表現されることもあり、今後のシクロクロス選手権では、フランス語圏のワロン地方選手権が開催される可能性も否定できない。 コクサイデ、そのコース コクサイデのコースには、強靭な体力が要求される。コース上の砂が乾いているときには、タイヤが砂を滑ったり、からまったりして、まったく予期しない無惨な状態に陥り、わずかなエラーでも選手はサドルから放り出されてしまう。レースの先頭選手が砂山の斜面を飛ぶように下り、コースを楽々と駆け抜けるのに対し、他の選手たちはペダルを踏みしめ、なんとかゴールにたどり着けるよう死にものぐるいになる。 また、砂は濡れるとずっしりと重くなり、自転車に吸い付くかのようにライダーを地面深くへと引きずり込む。トップ選手たちは難所でもかろうじて自転車にしがみついているが、トップ5以降の選手は一様に、自転車を肩に担ぎ、先頭集団が遠のくのを見ながら、慌てて後を追うことになる。 レースを間近で見ることができたなら、選手たちが静かに祈りを呟くのが見えるだろう。「前を走る選手がヘマをしませんように、無事にその後を追えますように、皆が、そして自分が勝つチャンスをつかめますように」。コクサイデの砂が利己的で利他的な選手たちを駆り立てる。 シクロクロスについてもっと知る » シクロクロスコレクションを見る »

    Read the entire post »

  11. Escaping The City

    Words: Grace Holdsworth | Date:

    Living in the city makes finding the time to ride much harder and all the more valuable. Here’s how to become adept at fitting in quick escapes from city life,…

    Read the entire post »